森林空間機能学演習 ■ 

冬の北海道で森林のもつ機能を学び・発表し・議論する

実施日程

2022年2月11日(金)~2月14日(月)3泊4日

集合(予定):2022年2月11日(月)12:30 JR北海道 名寄駅

解散(予定):2022年2月14日(金)昼前 JR北海道 名寄駅

* 集合および実施場所までの自家用車の利用は禁止します

実施場所

北海道大学北方生物圏フィールド科学センター中川研究林

* 状況に応じてオンライン開催などに変更する可能性があります

参加費用

宿泊費・食費を併せて 約8,000円

研究林到着時に徴収します。なお、集合場所までの旅費等は自己負担になります

担当教員

佐藤冬樹、吉田俊也、野村睦、福澤加里部ら(北方生物圏フィールド科学センター)

実習内容

「冬の北海道で森林のもつ機能を学び・発表し・議論する」

受講者それぞれが課題を設定し、事前の研究林訪問等で得た野外調査データや最新の研究情報をもとに報告資料を作成して、20分ほどの発表をおこなう。議論をとおして自分以外の発表課題についても学習を深める

募集

対象学生:公開森林実習協定に締結した大学の農学系学部に所属する2~4年次生

定員:若干名(応募多数の場合は選考があります)

提出書類

履修希望学生が所属する大学の担当事務へ下記を提出してください

  • 依頼書(派遣大学学部長から北海道大学農学部長へ)
  • 履修願(履修希望学生から北海道大学農学部長宛)
  • 申告書(履修希望学生から所属大学学部長宛)
  • 志望理由書 様式自由
  • 成績証明書
  • 学生教育研究災害保険および賠償責任保険の加入を証明する文書の写し

提出期限:2021年11月2日(火)

  • 担当事務を経由して北海道大学農学事務部への到着期限なので注意すること
  • 2021年12月中に選考の結果をお知らせします
  • 履修決定後、やむを得ず欠席する場合は、すみやかに連絡すること (直前のキャンセルについては、実費の負担を求めることがあります)